データランプ解明 | パチンコ黄金率「新・白い絹糸」内容レビュー

データランプの完全解明

「パチンコ黄金率 新・白い絹糸」で
重要な役割を担うデータランプの完全解明。

 

パチンコ台に一台ごとにデータが表示される「データランプ」が設置されるようになったのは、
1990年にダイコク電機が、店員の呼び出しランプに大当たり回数を表示したのが始まりです。

 

当初は、一部のホール経営者も「大当たり回数が知られると、当たった台しか誰も打たないのでは?」
などと、危惧しましたが、逆にホールの透明感と安心感を提供することになったのです。

 

現在ではどこのホールでも、パチンコ台の上には
「データランプ」・「呼び出しランプ」と言われるものが設置されています。
パチンコの歴史に比べると、意外にも歴史が浅く開発されてからまだ20 年程度です。

 

「パチンコ歴が深いファンほど、こんなもの何の役にも立たない。」と、無視する傾向があります。
又、現在でも、経営体質の古いホールほど、詳細明示がないデータランプを使うホールがあるのは、
この経営者心理を今に残している様な感じがします。

 

ところが、一番頼りになる情報の全てがこれで分かるのですから、使わない手はありません。
ホールに依って違いますが、液晶画面で下図の様なスランプグラフを表示しているホールもあります。

 

ホールに入って他のお客様をよく観察して見れば気が付くと思いますが、
たまに見る人もいますが、殆どが「見る人」だけで、「読む人」は至って少ないものです。
このデータランプですが、パチンコ経験が長い人ほど余り見ようとしません。

 

経験が長い人ほど、ボーダーの良い台を長時間回す打ち方が「正攻法」だと信じています。
その人達にとっては、後から出て来たデータランプなど無用のものと思っている人が多いですね。

 

「何年経ってもデータランプの見方が分からない。」と、おっしゃる方がいます。
実は、「パチンコ黄金率 新・白い絹糸」監修者、
みのさんた氏がパチンコ経験の中で、どうして「少資金・短時間勝利」をすることが出来たのか?

 

それは、みのさんた氏がパチンコを打ち始めた時には既にこの「データランプ」があったからです。
「パチンコと確率は密接に結び付いたもの」と、最初から感じていたみの氏は
「この道具を使わない手はない。」と、思い、最初からこの数字の解析研究に向かったのでした。

 

どこで当たるか分からないパチンコで、
「過去を見て現在を知り未来を予測する」たった一つの窓口がこのデータランプなのです。

 

放出に向かい始めているのか?回収に向かい始めているのか?を
読み取ることが出来たら凄い!とは思いませんか?