セオリーと基礎知識 | パチンコ黄金率「新・白い絹糸」内容レビュー

パチンコセオリーと基礎知識

 

みのさんたのパチンコに対するセオリーにご理解を下さい。
「パチンコ」とは何か?この受け止め方一つで、すでに勝利者と敗者の道に分かれると言っても過言
ではありません。
著者は、以下の3項目をセオリーとしてパチンコを捉えています。そして、本書もこのセオリーに基づいて著作しています。

 

1、「稼ぐパチンコ」と「遊ぶパチンコ」は、根底から違うと言うこと。
2、パチンコも「段取り八分」が大事、ホールの現場でやる事は2割だけ。
3、自分が置かれた「パチンコ環境の把握」が必要。

 

1、「稼ぐパチンコ」と「遊ぶパチンコ」は、根底から違うと言うこと。

 

パチンコはレジャーだと言う人もいます。確かに「遊技場・パーラー」等とも言います。
しかしみのさんたは、パチンコはギャンブルだと位置づけています。
レジャーと言うには、勝つ時も負ける時も動く金額が大き過ぎます。
1万円打ち込むのに1時間も掛かりません。

 

月に30 万円も負けて、遊びだと言えるパチンコファンがいるのでしょうか?

 

ギャンブルだと考えれば、負ければ投資したお金が無くなるのも、
勝てば何倍かで返って来るのも当然です。

 

・日本の法律では、ギャンブルは公営しか認められていません。
・パチンコは「娯楽」として認められたもので、関係者は「ギャンブルではない!」と主張しています。

 

しかし、現実問題としてこれを娯楽として、遊びにしてしまうと経済的負担が大きくなります。
打つ側の心構えとしては
「ギャンブルをする!」
「博打を打つ!」と言う気持ちで向かわなければいけません。

 

問題の始まりは、ギャンブルであるのにホールの雰囲気に呑まれて
「遊ぶパチンコ」をしてしまうところに、「スタート時点からの過ちがある。」と、言う事に気付かない事です。

 

適当なホールで、好きな機種だからと言う理由で勝てる根拠の無い台を打つ!
これでは遊びの延長です。
ところが「稼ぐパチンコ」となれば、これはもう仕事と同じ気構えが必要です。
仕事に取り掛かる前には誰でも準備をします。

 

つまり、「段取り八分」です。

 

 

パチンコも「段取り八分」が大事、ホールの現場でやる事は2割だけ。

 

どんな仕事でも、成功させる為には段取りが必要です。
パチンコも、「稼ぐパチンコ」に徹するなら仕事と同じ様に段取りが必要です。
パチンコの段取りと言われても、何をすればいいのか?
それが分からない方も多いと思いますが、「パチンコ黄金率 新・白い絹糸」ではそこから解説をします。
そこが分かれば、ホールの現場でやることはたったの2割!がお分かりになると思います。

 

1・ホール選択

 

一口にパチンコホールと言っても、ピンからキリまであります。
もしもですが、パチンコを娯楽とせずに本当に、これで生計を立てようとするならば、
真剣にホールを探しましょう。
例えば、駅前の同じ一等地でも家賃を払って営業しているホールと、自社ビルを所有してテナントに
貸し出して家賃収入を得ながら経営しているホールとでは、当然の様に違いが出ます。

 

2・データ観察

 

これまでは、ホールに行かなければデータを観察することは出来ませんでした。
しかし、最近ではデータをネット上で公開するホールが多くなりました。
「データロボサイト」や「パチナビ」など、千軒以上のホールデータ公開のサイトもあれば、
大手の「マルハン」や「ダイナム」などの様に会員登録をした人にだけ配信するホールもあります。

 

これらのデータを観察・作表して、本日の好調台を予測することも出来ます。
本書のご購入者に「会員ページ」で提供している「一発!データ分析」を使い、
「確率の推移」と「HOTポイント」との組み合わせから、これから放出に向かう台を予測することも出来ます。
この作業を「段取り八分」の一環としてホールでお金を使わずに、自宅で的中率を上げる練習も出来ます。

 

3・機種傾向の把握

 

パチンコも他の勝負事と同じ様に勝つべくして勝ち、負けるべくして負ける!
戦う前に既に勝負は決まっている!そんな状態に持ち込まなければいけません。

 

最低その台を打つ「根拠の確認」は必要で、少なくとも打ち出す前には、
その機種の公開確率や確変突入率や出玉などを把握しなければ、
幾らの投資までが許容範囲であるか?その見通しもなく打つことになります。

 

最近は「大当たり」をしたのにも関わらず、出玉がない「小当たり」まであります。
これも確率の推移から勝てる台を見分けることを主眼にした「パチンコ黄金率」が世に出てから生まれた機種で、
メーカーの「パチンコ黄金率」への対抗手段の様な気がします。

 

しかし、小当たり機種でも、現実のホールで稼動している台のデータに基づいて解析を進めることで、
どんな傾向の機種なのかが分かります。それを会員ページでは公開しています。

 

 

3、自分が置かれた「パチンコ環境の把握」が必要。

 

パチンコは、全国的に見ても、ホール間競争の激しい地域もあればぬるま湯的地域もあります。

 

競争環境の差に依って地域格差・ホール格差が激しい業界です。しかも公営ギャンブルとは違い、
還元率は各ホールの自由になる業界です。

 

前述した、自社ビルでの営業とテナント料を払う営業でも違いが出ます。
大事なのは、自分が打つ地域・ホールは、全国的レベルに比べてどの位置にあるのか?
パチンコに関して、自分を取り巻く環境を把握する必要があります。

 

同じ機種でも地域・ホールに依って、放出率やボーダーに雲泥の差が生じます。
たまには競争が激しいと言われる地域などを視察して、どこがどの様に違うのか観察して見ましょう。
ボーダーはまあまあだが、大当たりをした後で、アタッカー周りが渋くて出玉が少ない。
スルー通りが悪くて、時短・確変中に玉減りが激しい。など、ホールの作戦は様々です。

 

また、自分の地域のレベルを把握するには、後述する「営業確率」を調べて見るのもいいでしょう。
現状は、朝からホールを満席にしている年金世代の殆どの方が、ネットからの情報活用もしなければ、
「・・・理論」なども知らず確率計算もせず「勘と経験とお金」を頼りにしているお客様が殆どです。

 

そんな中で情報活用が出来るのは、ごく少数の人達だけになります。
「パチンコ黄金率 新・白い絹糸」の会員ページは全国で1万人を目途に募集を打ち切り、
限られた人だけに情報提供を続ける予定です。

 

そこを鑑みるだけでも、貴方には勝利者への道が既に準備されたのだと気付いて下さい。
あとは、「パチンコと確率」の関係に気づいて、本書を理解して下さい。
根拠に基づいたデータ活用で、最少・最短で勝利者になる材料がここに揃っています。

 

普通ならば、この「パチンコ黄金率 新・白い絹糸」を買って貰えば取引終了で、
理解するかしないかは読者の力に依ります。
しかし、パチンコはそれで常勝できるほど楽ではありません。
みのさんたはそれが分かるので、売った後にこそ真価が問われると認識しています。

 

そこでメールサポートをして、それでも足りない部分を恒久的に支援して行きたいと考えました。
その為に、会員ページを作り「段取り八分」のお手伝いをしています。
無料期間も有効に活用して下さい。